医療現場で着るもの|どうやって選べばいいの?

看護師さん

色を考える

ナース服の色に対する考え方

ナース服とは、病院で働く方が統一感を持って同じ内容の物を着る事は大切な事になります。違う内容であれば、誰が職員なのかわからなくなる事もあるためです。 従来のナース服とは、白が一般的でした。白とは清潔感を与える色でもあり、白は医療機関の象徴ともなっていたためです。 近年は、病院同士の差別化も現れ、従来とは違う内容として、ナース服に対してピンク系の色が採用される事もあります。 色の違いと言うのは、病院内での立場の違いを把握し易いメリットがありますが、他の病院と似ている内容は、同じ系統の病院だと思われる事もあるため注意が必要です。 色で判断する指標に、ドラマなどの考え方があります。ドラマは、多くの人に影響を与える物であり、その内容によっては患者に心理的な影響を与える事もあります。

興奮と抑制を与えるその内容とは

人の神経と言うのは、興奮を与える神経と抑制を与える神経によって制御されています。人は刺激を受ければ、どちらかの神経を働かせる本能があります。ナース服と言う物も、どちらかの神経を患者に刺激として与える物です。 ピンク系の色とは、赤系の色に近い内容であり、少しの興奮を与え、元気にする潜在的な内容があります。春を現す色としても使われている物です。 青系は、抑制を与える効果があります。外科などの手術を行う先生が着る服が青系は、冷静に判断を行うためである事が理由の一つにあります。現在は、男性向けのナース服として青が使われる事もあります ナース服の中には襟を付けていない物と付けている物があります。襟を外す事によって極力刺激を与えないシンプル的に表現している物と、襟を持たせる事によって、顔と体の境界線が生まれ視認性を高める事ができる内容です。どちらが良いとは一概には言えず、病院内で考える事が大切と言える物です。